Icon Device Orientation

デバイスの向きを変更してください

  • header Commitment
  • 豊かな自然
    それは、1828年の創業以来
    ゲランのインスピレーションの源

  • ゲランは、社会と環境に対する責任を強く意識し、12年以上もの間、サステナブル(持続可能)な開発を企業戦略に取り入れてきました。
  • “美の名において“、ゲランは、独自の伝統を守り、発展させ、次世代に引き継ぐことを使命としています。 そして志を同じくする全ての方々と共に、未来に対して責任を果たすことのできる、さらなる美しさの実現に向かって取り組んでいきます。
  • Origin Guerlain

    美の名において

    ゲランの挑戦

    ゲランは、より美しく、責任ある世界の実現を目指しています。 それは生物多様性、持続可能なイノベーション、気候と連帯のために行動すること。とりわけ、私たちは地球で最も大切な生物のひとつである、ミツバチの保護に力を入れています。

  •  
     
    •  

      生物多様性

      ミツバチの保護を通じて生物多様性のために取り組むことで、この分野をリードする企業となります。

    •  

      サステナブル(持続可能)な開発

      製品のクオリティや美しさを損なうことなく、エコデザインを推進。革新的な「クリーン・ビューティ」の開発に取り組みます。

    •  

      気候

      2030年までにカーボンニュートラルを目指すことで気候変動に対処します。

    •  

      連帯

      ゲランのすべての従業員が、社会活動に参加。ゲランが目指す世界の実現に向けて、一丸となって取り組みます。

ゲランのコミットメント

“美の名において“、ゲランは、よりサステナブル(持続可能)な世界の実現に向けて行動することを、誓います。

  • Beauty Guerlain
  • 卓越したフレグランスとスキンケア、そしてメイクアップの数々を世に送り出してきたゲランは、独自の伝統を守り、発展させ、次世代に引き継ぐことを使命としています。

    お客さまの「美」、 クリエイションの「美」、 そしてこの地球の「美」、 それぞれの「美」のために。

    志を同じくする全ての方々と共に、未来に対して責任を果たすことのできる、さらなる美しさの実現に向かって取り組んでいきます。

THE BEE

1853年、ゲランの創業者ピエール フランソワ・パスカル・ゲランは、ナポレオン三世の婚礼を祝し、妃であるユージェニー皇后に「オーデコロン イムぺリアル(現在の「オーインペリアル」)」を献上します。
このボトルには、皇室の紋章である蜂の模様が刻まれました。
以来、蜂はゲランのアイコンとなり、デザインのヒントとして、そして持続可能な開発の取り組みの象徴として、ゲランの歴史の至るところに登場することになります。

生物多様性がゲランの創造の中心ならば、その核には、「環境の見張り番」としてのミツバチが存在します。
ゲランは、絶滅の危機に瀕するミツバチたちを保護するため、多くのパートナーシップとともに、プログラムを立ち上げました。

  • ゲランのパートナーシップとプログラム

     
    ++++
  • 2011
     

    2011~:-財務支援と研究およびコミュニケーション活動へのサポートという2つの柱に基づいた、ウエッサン島のブルターニュ・ブラックビー保護協会との長期研究パートナーシップを締結。

    2015
     

    2015~: -ヨーロッパにおけるミツバチの個体数を守り、貴重な養蜂家を支援するため、フランス養蜂観測所(OFA)とのパートナーシップを締結。

    2018
     

    2018:-Bee School(ミツバチの学校)開始。子供たちとともに、ミツバチの重要な役割について学び、環境に対する意識の向上を促すための、ゲランの従業員による啓発プログラム。

    2020
     

    ゲランは、フランス養蜂観測所(OFA)と共同して、ユネスコのMAB計画とのパートナーシップを2020年より開始しました。養蜂家のプログラムである「ウーマン・フォー・ビー」は、女性養蜂家の育成や、ゲラン製品の原料調達におけるネットワークの一部を活用して、ユネスコ生物圏保護区内に世界の養蜂家ネットワークを形成し、蜂の授粉効果を測定することなどを目的としたプロジェクトです。

    2020

    2020: -ミツバチ保護をめぐる課題に関する若い世代の意識を高めるために、2005年に国際的に認められた生態学者であり写真家であるYann Arthus-Bertrandによって設立された組織であるGoodPlanet Foundationとのパートナーシップの発足しました。

    2020

    2020年、ゲランはエリックス財団とのパートナ―シップを締結しました。フェイス財団の保護のもと、アーティストのヤシン・エイト・カシと共に創設されたこの財団は、国連のキャンペーン活動を担っています。ヤシンが描いたキャラクターであるエリックスは、国連のデジタル大使。ゲランが主催する「ビースクール」のキャラクター、BEEZも手掛けた彼とゲランは、引き続きコラボレーションを行っていきます。

BEE RESPECT

  • トレーサビリティプラットフォーム:花畑からブティックへ

    トレーサビリティのパイオニアとして、数年前からゲランは独自のデジタル追跡システム「Bee Respect」を通じて、製品の誕生から最後のリサイクルまでの、製品に関するすべての情報を公開してきました。
    「ビー・リスペクト」は、プロダクトDNA社と共同開発した、透明性とトレーサビリティのプラットフォームです。このプラットフォームを通じて、ゲランの全製品情報が開示されることで、ゲラン製品が環境と社会に及ぼす影響を、随時改善していくことが可能になりました。

    BEE RESPECTを見る
Connnect
  • ゲランのサステナブルに関する、詳しい取り組みとニュースは、こちらからご覧いただけます。

    12 years of commitment and a strong determination to take it even further

    ゲランのサステナブルに関する、詳しい取り組みとニュースは、こちらからご覧いただけます。

    target="_blank">詳細を読む
  • Guerlain