La Maison Guerlain

FOUNDED IN PARIS
IN 1828

時代を超えて受け継がれる大胆な想像力

GUERLAIN HOUSE

1828年以来、美を追求し、革新をもたらし、昇華してきたゲラン。
大胆なクリエイターたちが生み出す、フレグランス、スキンケア、メイクアップの伝説のクリエイション。 「美の文化」を掲げ、そのノウハウを時代を超えて受け継いでいきます。

  • La Maison Guerlain - Introduction
  • La Maison Guerlain - Culture de la Beauté

THE CULTURE OF BEAUTY

2世紀近くにわたり、ゲランは美に感動し、斬新な発想に胸を躍らせ、大胆なクリエイションの一つひとつに夢中になってきました。ラ プティット ローブ ノワール、ロム イデアル、 テラコッタ、メテオリット、オーキデ アンペリアル、そしてアベイユ ロイヤル。すべてがそれを証明しています。

BEES

1853年、2つの世界の錬金術師が出会います。
自然界からは蜂と、そして、美の世界からは、ゲランです。
創設者ピエール フランソワ・パスカル・ゲランが、ナポレオン3世との婚礼にあたってユージェニー皇后に献上した「オーデコロン イムペリアル」。ボトルの装飾には帝政の紋章である蜂があしらわれています。後にアイコンとなる「ビー ボトル」の誕生です。
以来、蜂とゲランの進む道はひとつに結ばれています。メゾンのシンボルとなった蜂は、ゲランのクリエイションにインスピレーションを与え、極めて貴重なボトルを飾っています。

  • La Maison Guerlain - l'Abeille
  • la Maison Guerlain - Made in France

MADE IN FRANCE

1828年以来、パリに開いたメゾンの最初の製造所をはじめ、ゲランは常にフランスでの製造にこだわってきました。この伝統を守り継ぐ2つの製造拠点が、フレグランスを手掛けるオルファン工場と、スキンケアとメイクアップのためのシャルトル工場です。職人のノウハウと先端技術が融合を遂げる場所なのです。
その独自の卓越したノウハウが評価され、ゲランは、フランス経済産業省が認定する「Entreprise du Patrimoine Vivant(無形文化遺産企業)」に選ばれました。

  • La Maison Guerlain - Le Maquillage

MAKE-UP

メイクアップのマエストロ、オリヴィエ・エショードメゾンが持つ、「マスト ハブ」を創造する独創的な才能は、個々の女性の本来の美しさを、変化を加えることなく自然に引き出します。
オリヴィエ・エショードメゾンの想像力は、2000年の就任以来、ゲランに刺激を与え続けています。ゲランは彼にとって、芸術分野における多種多様な才能のすべてを自由に発揮できる場となっています。

SKINCARE AND SCIENTIFIC
RESEARCH

ゲラン研究所所長フレデリック・ボンテ博士は、自然が持つ最高の成分を研究し、卓越したスキンケアの配合を導き出します。

  • La Maison Guerlain - Le Soin
  • La Maison Guerlain - La Femme

WOMEN ARE THE CORNERSTONE
OF OUR CREATIONS

日々、ゲランは女性たちをより美しくするための努力を重ねています。それは、すべての女性たちのために、
喜びにあふれた、まぶしい美しさを約束すること。この哲学を体現した場所こそ、シャンゼリゼ通り68番地のメゾン ゲランなのです。

GUERLAIN IS COMMITTED TO
BEAUTY

「美が私たちを導き、世界は美の源泉であり、世界が守られ、その価値を高められることを必要とし、それが私たちの責任であることから、ゲランは”サステナブル”、持続可能な開発を企業活動の中心に据えています。美のために、ゲランはよりサステナブルな社会を目指します」

社長兼CEO
ローラン・ボワロ

  • La Maison Guerlain - Développement Durable