Please Change your Device Orientation

デバイスの向きを変更してください

ミツコ 香水 (See 1/1)
ミツコ 香水 (See 1/1)

Mitsouko ミツコ 香水

香水

香りの持続​
¥ 40,000 (税抜)
香りの持続​

説明

神秘性に潜む思慮深さと情熱を備えた香り、「ミツコ」。
日本人女性をイメージして創られ、1919年の誕生以来、長きに渡り愛され続ける香り。

20世紀初頭のベストセラー小説『ラ・バタイユ』。その舞台は、日露戦争が激化する1905年。英国将校と秘密の恋に落ちる、日本の美しい人妻・・・。
ジャック・ゲランは、物語の中の慎ましやかでありながら、強い意志を秘めた女性をイメージして、ヒロインの名を冠した「ミツコ」を生み出しました。
シプレーとフルーティなピーチの香りを合わせるという、大胆な発想によって完成したモダンな香調。

バカラの名工ジョルジュ・シュヴァリエがデザインしたボトルは、アール ヌーヴォー期特有の優美な渦巻き模様で彩られ、“逆さハート”の形をしたアヴァンギャルドなキャップは当時の精緻な技巧を表しています。

フレグランス

フルーティ シプレー
ミツコの凛とした強さを描いた香り。

ベルガモットの爽やかなトップノートに続き、蜂蜜のように甘く香るメイローズ、奥深く魅力的なジャスミンがブーケのように漂い、情熱的な一面を描きます。ピーチのまろやかフルーティさを感じながら、ベースノートに移ると、そこには魅惑的なウッディとベチパーが溶け合い、スパイシーな香りが漂います。

成分

香りの秘密

「ミツコ」は、世界で始めてピーチの香りをフレグランスに採用した香りです。

また、"バランスの傑作"と称される「ミツコ」は、神秘的でありながらも情熱的なカリスマ性のある香りで、「シプレーノート」の代表といわれています。