飛行機の時代が幕を開けて間もない頃。一機の飛行機が、ブエノスアイレスに向けてパリを飛び立ちました。突然、無線が切れ、竜巻が迫ります。最近結婚したばかりのパイロットの命は、刻々と妻の元から離れゆきます……小説家であり、リスクを恐れない飛行士でもあった、アントワーヌ・サンテグジュペリ。彼へのオマージュとして創作された「夜間飛行」は、神秘のフレグランスです。大胆さにあふれ、かつてなく洗練された、さまざまな顔を持つ香り。フローラル ウッディの香りが、力強いオリエンタルな余韻の中に、凛とした存在感を放ちます。

スモークガラスのボトルのリリーフは、回転するプロペラがモチーフ。飛び行く飛行機の翼をも表しています。モダニズムの象徴でもある四角いメタリックなキャップは、飛行機の部品を思わせる仕上がり。空を征服した証である、祝宴のフレグランスです。

香り

オリエンタル ウッディ
稀少で謎めいた、大胆な香り。

グリーン ガルバナムのトップノートには、誰もがハッとさせられます。ハートノートはフローラルな香りの饗宴。スイセン、バイオレット、カーネイション、ジャスミン、ローズが、積極的で気高い顔をのぞかせます。シプレーとウッディのエキゾチックさが瞬時に香る「夜間飛行」は、他の追随を許さない香水です。

香りの秘密

「夜間飛行」はゲランのクリエイションの中で、もっとも意外性と主張に満ちたフレグランスです。自分の要求をはっきり主張し、カリスマ性にあふれる女性に向けた香り。その謎に満ちた香りを自分のものにするまでには、時間がかかります。一晩中共に過ごして、やっとそのアイデンティティが分かるのです。オーデトワレとは異なる、絶対的な存在感を持つ香りです。

国を選択する