ジャン・ポール・ゲランが最愛の女性のために、彼女が愛したサンダルウッドとジャスミンで創作した「サムサラ」。当時、宗教儀式のみに用いられてきた貴重なサンダルウッドとジャスミンを手に入れるため、ジャン・ポール・ゲランは何度もインドに足を運びました。調和とバランスを重んじる女性に向けた「サムサラ」は、素材の融合性を極めた、官能と誘惑のフレグランスです。

神秘的な美しさを誇るビーボトルに香りを閉じ込めました。
1853年、ピエール・フランソワ・パスカル・ゲランは、ナポレオン3世の妻ユージェニー皇后に敬意を表し、皇帝のシンボルである蜂をあしらった美しいボトルを作成しました。現在はブランドのシンボルとなっている、ビーボトルの誕生です。

※パッケージが写真と異なる場合がございますので、ご了承ください。

香り

オリエンタル フローラル ウッディ
調和性が光る、包みこまれるような魅惑的な香り。

トップは香りの主役を成すジャスミンの花。サニーなイランイランがその香りを高めます。ホワイトムスクの明るく広がる温かさがそれに続き、最後にアイリス、トンカビーン、バニラの香りが素晴らしい余韻へと昇りつめます。

香りの秘密

女性用としては初となるウッディ系フレグランス。それまで、サンダルウッドをこれだけ贅沢に使った美しいフレグランスはありませんでした。包みこまれるような、バランスの取れた香りが特徴です。