1929年、ゲラン3代目調香師ジャック・ゲランによって創作されたフェミニンな香り「LIU(リウ)」。その名前から着想した「LUI(ルイ)」は、フェミニンであると同時にマスキュリン、男女の境界を曖昧にする新しいジャンルの香り。昨今のジェンダーレスなファッションを楽しむ世代にインスピレーションを得て、ゲランの伝統と革新を融合させたフレグランスです。
ニュートラルな残り香のベースはベンゾイン。フローラル、スパイシー、ウッディを感じさせるこの素材は、香りが展開するにつれ、その奥深さを極めます。パウダリーでスパイシーなカーネーションのアクセントと溶け合う、意外性と調和を兼ね備えたブレンドです。

ボトルは、「LIU(リウ)」をモダンにアレンジした八角形。ブラックラッカー仕上げと、アールデコをイメージした3つの文字が際立つモノトーンのラベルで、マスキュリンなイメージを表現しています。

※こちらの製品は、伊勢丹新宿店、ラ ブティック ゲランのお取り扱いとなります。

香り

スパイシー ウッディ オリエンタル
凛々しくて官能的、ジェンダーレスな香り。

香りの秘密

ゲラン5代目調香師ティエリー・ワッサーのもと、デルフィーヌ・ジェルクはジェンダーを区別しない意外性のあるフレグランスで驚きをもたらしました。「ルイ」は生まれながらに二面性を備えた奥行きのある香り。その香りは、肌に触れるとより個性を発揮します。