Icon Device Orientation

デバイスの向きを変更してください

header Guerlain

FOUNDED IN
PARIS IN 1828

次代に受け継がれる大胆な創造性、
才能とノウハウのストーリー

ゲランは1828年、フランス・パリに誕生。創業以来、フレグランスとスキンケア、
そしてメイクアップの、卓越した製品の数々を世に送り出してきました。
私たちは独自の伝統を守り、発展させ、次世代に引き継ぐことを使命としています。

美の文化


美への探求心が生み出す、
大胆なクリエイション

header Guerlain

190年以上の長きにわたり、ゲランは美に感動し、次々と生み出される斬新な発想に胸を躍らせ、大胆なクリエイションの一つひとつに心を奪われ続けてきました。
ゲランは、すべての女性をより美しくするための努力を怠りません。有名無名を問わず、あらゆる女性は、ゲランにとって永遠のミューズです。
彼女たちの美しさや個性、自由な精神がゲランのクリエイションにインスピレーションを与えてくれるのです。

ゲランと芸術

1828年の創業以来、ゲランの歴史は、常に芸術と蜜月関係を築いてきました。 1889年、エメ・ゲランは、まるで印象派の絵画のように、名香「ジッキー」を創作。 また1939年には、ジャン・ミッシェル・フランク、クリスチャン・ベラール、アルベルト・ジャコメッティがそれぞれの才能を融合して、 新しいシャンゼリゼ美容研究所のインテリアをデザインしました。

現在も、ゲランはFIAC(国際現代アートフェア)のパートナーを12年にわたって務めています。

header Guerlain

ゲランと芸術

1828年の創業以来、ゲランの歴史は、常に芸術と蜜月関係を築いてきました。 1889年、エメ・ゲランは、まるで印象派の絵画のように、名香「ジッキー」を創作。 また1939年には、ジャン・ミッシェル・フランク、クリスチャン・ベラール、アルベルト・ジャコメッティがそれぞれの才能を融合して、 新しいシャンゼリゼ美容研究所のインテリアをデザインしました。

現在も、ゲランはFIAC(国際現代アートフェア)のパートナーを12年にわたって務めています。

芸術品としてのボトル

フレグランスの生産拠点であるオルファン工場では、フレグランスボトル製造の最終工程を、 「ダム ドゥ ターブル(テーブルのマダム)」が、熟練の職人技を駆使して行います。 巧妙なバービッシュ(顎鬚)とボーダージュの技法を操った後、ワックスシールを施せば、ボトルの完成。 ゲランのフレグランスボトルを最高に美しい芸術作品に仕上げる、ゲラン伝統のノウハウなのです。

メイド イン フランス

Guerlain 凱旋門の近くにあった、ゲラン初の生産拠点「ラサヴォンネリー」

1828年の創業以来、
ゲランは常にフランスでの生産に拘り続けています

この伝統が息づく2つの製造拠点が、フレグランスを手掛けるオルファン工場と、スキンケアとメイクアップのためのシャルトル工場です。ここでは、巧みな職人技と最新の先端技術とが、見事に融合しています。

1828年、パリのエトワール地区の凱旋門近くに初の工場を設立して以来、一時も、フランスの地を離れたことがありません。

Guerlain
Guerlain 凱旋門の近くにあった、ゲラン初の生産拠点「ラサヴォンネリー」
Guerlain
Guerlain
Guerlain
Guerlain

ゲランの卓越したノウハウは高く評価され、フランス経済産業省の認定による「Living Heritage Company(無形文化遺産企業)」に選ばれました。 2005年、フランス経済産業省によって認定が開始された当初より、この賞はゲランに授与されています。

Guerlain
Guerlain

ブティック &
スパ

ブティックの哲学

1828年、ゲランはパリ中心部に、初のブティックをオープンしました。 以来、私たちは独自のブティック スピリットを育んできました。 それは、お客様を、まるで自宅にお招きするかのように温かくお迎えし、心地よく、そしてラグジュアリーなひと時を提供することです。 才能あるアーティストが手掛けたアート作品がちりばめられ、絶妙なデザインが施されたブティックは、まるで宝石箱のような輝きを放ちます。

Guerlain Guerlain

シャンゼリゼ通り 68番地

1914年以来、シャンゼリゼ通り68番地は、ゲランがパリから世界に輝きを放つ、伝説的な場所。 美の神殿でもあり、芸術へのオマージュでもあり、また、ゲランの名声と大胆なクリエイティビティを示す、究極の作品とも言えます。


”この住所は世界で最も美しい大通りと同義語である”

Guerlain

インスティテュート&スパ

1939年、ゲランは、シャンゼリゼ通り68番地の1階に、世界初のスパをオープンしました。

ゲラン スパは、今なお当時の優れた技術を継承し、極上のトリートメントを提供します。 いずれの施設も、著名な建築家の設計によるもので、それぞれの文化遺産を生かした、独自の雰囲気を醸し出す空間です。 私たちのトリートメントは、ゲラン独自の美学を反映した専門知識と、卓越したノウハウの賜物。 世界中のお客様に、至福の体験を提供しています。

インスティテュート&スパ
Guerlain

パフューマーとしてのゲラン

190年以上に及ぶ、1,100以上の香りの創造

ゲランは常に、伝説のクリエーションで世界を魅了してきました。 5代にわたる調香師の存在と、彼らが受け継ぐノウハウ。 そして、ゲランの香りに欠かせない「ゲルリナーデ」:ローズ、アイリス、バニラ、トンカビーン、ベルガモット、ジャスミン。 ゲランのクリエイションを際立たせる、大切な原料です。

ゲラン5代目調香師ティエリー・ワッサーは、稀少な天然原料を求めて世界を巡り、香りのシンフォニーを生み出します。 彼は、私たちが大切にしている天然の原材料を求め、年間を通して世界を旅し続けます。

Guerlain

ゲラン5代目調香師ティエリー・ワッサーは、稀少な天然原料を求めて世界を巡り、香りのシンフォニーを生み出します。 彼は、私たちが大切にしている天然の原材料を求め、年間を通して世界を旅し続けます。

Guerlain

THE BEE(ミツバチ):
ゲランの象徴

Guerlain

1853年、2人の錬金術師の出会い。 自然の錬金術師である蜂と、 美の錬金術師であるゲラン

1853年、ゲランの創業者ピエール フランソワ・パスカル・ゲランは、 ナポレオン三世の婚礼を祝し、妃であるユージェニー皇后に「オーデコロン イムベリアル(現在の「オーインペリアル」)」を献上します。 このボトルには、皇室の紋章である蜂の模様が刻まれました。

Guerlain
Guerlain
Guerlain
Guerlain
Guerlain
Guerlain

以来、蜂はゲランのアイコンとなり、デザインのヒントとして、
そして持続可能な開発の取り組みの核として、ゲランの歴史の至るところに登場することになります。

Guerlain
Guerlain

ゲランの誓い

豊かな自然それは、1828年の創業以来ゲランのインスピレーションの源

ゲランは、社会と環境に対する責任を強く意識し、12年以上もの間、サステナブル(持続可能)な開発を企業戦略に取り入れてきました。 “美の名において“、ゲランは、独自の伝統を守り、発展させ、次世代に引き継ぐことを使命としています。 そして志を同じくする全ての方々と共に、未来に対して責任を果たすことのできる、さらなる美しさの実現に向かって取り組んでいきます。

ゲランは、より美しく、責任ある世界の実現を目指しています。 それは生物多様性、持続可能なイノベーション、気候と連帯のために行動すること。とりわけ、私たちは地球で最も大切な生物のひとつである、ミツバチの保護に力を入れています。

詳しくはこちら