オペラをこよなく愛したジャック・ゲランは、プッチーニの『トゥーランドット』に魅了されました。このオペラのヒロインである美しい女性リウの、抗しがたい魅力。ジャック・ゲランはこのリウをイメージしたフレグランスを創作します。それはまさに、アルデヒドが素晴らしい存在感を放つ、香りのポエムでした。トップノートの中心となるアルデヒドが、シンバルのようにローズとジャスミンの出現を告げ、官能的なメロディーを艶やかに奏でます。そして、静かでセンシュアルなノートが、まるで楽曲のように落ち着いた甘美なリズムを刻みます。バニラの官能的なアクセントがアイリスやウッドと瞬時に調和する、大胆で斬新なハーモニー。

ゲランを象徴する125mLのビーボトルが、フレグランスを優雅に包みこみます。1929年に制作されたフレグランスの復刻版です。

※こちらの製品は、下記店舗のみでのお取り扱いとなります。
ラ ブティック ゲラン

香り

アルデヒド フローラル
時を超えて愛される、貴重でフェミニンな香り。

トップノート:アルデヒド
ハートノート:ローズ、ジャスミン
ベースノート:バニラ、ウッディノート、アイリス

香りの秘密

フレグランスにアルデヒドを初めて採用した「ルール ブルー」に続き、ジャック・ゲランはこの合成香料を「リウ」にも採り入れました。時代を超えて愛される伝説のフレグランス。アルデヒドが白い花々の歌声を届けます。

国を選択する